セサミン生活をはじめよう

セサミンとウコン

ウコンが二日酔いや疲れなどに効果があるのをご存知の方も多いと思いますが、実はセサミンも二日酔いや疲れに効果があるのです。 なぜならセサミンは肝機能に直接働きかける事ができるからです。

ではこのウコンとセサミンがどの様にして肝機能に働きかけるのでしょうか?今回はセサミンとウコンの働きやどのように肝機能に効果があるか説明します。

セサミンが肝機能に働きかけるメカニズムとは?

セサミンには肝機能を高める効果http://www.cvillechamber.org/visitors_info/があります。 その理由にまず、セサミンの特徴となる強い抗酸化作用にあります。

この抗酸化作用は活性酸素を除去し、肝臓の弱っている細胞の酸化を防ぎます。 弱っている細胞の酸化を防ぐ事で、肝機能を高める効果があるのです。

ウコンが肝機能に働きかけるメカニズムとは?

ウコンにも肝機能に効果があります。 ウコンにはクルクミンという成分が含まれています。

クルクミンが最も多く含まれているのが秋ウコンです。 このクルクミンにはセサミンと同様の抗酸化作用があり、体に有害な活性酸素の除去効果があります。

そしてウコンが肝機能に効果がある理由に、肝臓から分泌される消化液となる胆汁に直接働きかけるからです。 肝臓から分泌される胆汁の役目は、体内に入った有害物質などを分解、解毒する事です。

そしてウコンに含まれるクルクミンには、この胆汁の分泌を増加させたり、解毒作用を増進させる効果があり、結果肝機能がよく働き、二日酔いや疲労回復に効果をもたらすのです。

セサミンとウコンの共通点とは?

セサミンとウコンの共通点はやはり、肝臓に良い効果がある栄養素という事です。 上記でも述べましたが、セサミンやウコンはそれぞれ働き方は違えど、肝臓のサポートをする上ではどちらも大切な栄養素です。

セサミンには即効性はありませんが、普段から摂取する事で、健康的な肝臓の状態を維持する事ができますし、ウコンは解毒効果がある胆汁の分泌を増やす効果があるので、お酒などを飲む前に摂取すると良いです。

この2つの栄養素をうまく摂取して二日酔いや疲れを予防しましょう。

セサミンとウコンで肝臓を健康にしよう!

いかがでしたか?セサミンもウコンも肝機能を強くする上で積極的に摂取したい栄養成分です。 普段からセサミンを摂取し、肝臓を健康にしておけば、沢山お酒を飲んだ時などでも辛い状態にならずにすみます。

お酒を飲む機会が多い方は、お酒を飲む前のウコンだけでなく、毎日の習慣に是非セサミンも取り入れてみましょう。